虫歯・歯周病

虫歯・歯周病から歯を守る

虫歯の進行段階

虫歯は進行段階によって、C0~C4の5つ段階に分けられます。

段階 症状・治療法
C0:脱灰
C0:脱灰
歯の表面のエナメル質が溶け始め、表面に白濁が見られます。自覚症状は特にありません。
この段階であれば、正しいブラッシングとフッ素塗布で治癒します。
C1:エナメル質の虫歯
C1:エナメル質の虫歯
エナメル質が溶けて、患部が黒ずみます。この段階でも自覚症状は特にありません。
この段階までくると虫歯を削って詰めものを詰めるという治療が必要になります。
C2:象牙質の虫歯
C2:象牙質の虫歯
虫歯がエナメル質の内側にある象牙質まで進行した状態で、熱いものや冷たいもの、甘いものなどがしみます。
この段階でも虫歯を削って詰めものを詰めるという治療が採られます。
C3:神経まで進行した虫歯
C3:神経まで進行した虫歯
虫歯が神経まで進行した状態です。強い炎症や何もせずともズキズキとした激しい痛みを感じることがあります。
この段階では神経を取り、被せものを被せる治療が必要となります。
C4:歯根まで進行した虫歯
C4:歯根まで進行した虫歯
虫歯が歯根まで進行した状態です。神経が死んでいるため普段は痛みを感じませんが、噛みしめると痛みを感じることがあります。
ここまできたら歯を抜くしかありません。抜歯後に歯を補う治療法として、インプラントやブリッジ、入れ歯などがあります。

歯周病の進行段階

歯周病とは、自覚症状なく静かに進行し、「ブラッシング時に歯ぐきから血が出る」「歯がグラグラする」といった症状が出たときにはすでに重度になっているという恐ろしい病気です。放置しておくと最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

進行段階によって歯肉が以下のように変化していきます。

段階 歯肉の色 形態
健康的
健康的
薄い
ピンク色
歯と歯の間(歯周ポケット)に歯肉がしっかり入り込んでいるため弾力があり、引き締まっています。歯磨きしても血が出ません。
歯肉炎
歯肉炎
歯周ポケットに付着した歯垢からが毒素が出て、炎症を引き起こし、歯肉が膨らみます。歯磨きをすると血が出ます。
歯肉に炎症が起きているだけで、顎の骨には影響はありません。
歯周炎歯周炎
赤紫 炎症が歯根膜や顎の骨まで進行した状態です。歯肉がぶよぶよと腫れ出し、歯磨きをすると血や膿が出ます。