小児歯科

お子様の歯列矯正について

お子様の歯並びで気になるところはありませんか? 乱れた歯並びを放っておくと、見た目が悪くなるだけでなく、全身にさまざまな悪影響を及ぼすことがあります。そのため、早めの対応が肝心です。当院では、お子様の症例はもちろん、年齢やライフスタイルを考慮したうえで治療内容を決定しています。

よく「いつ矯正治療をすればいいの?」と聞かれる親御さんがいらっしゃいますが、症例や顎の発達状況にもよりますので、一概には「○歳くらいが最適」と言うことはできません。異常が発生してから相談に来られる方もいらっしゃいますが、早ければ早いほど治療が簡単に済む場合がほとんどで、より健康的で見た目のきれいな口元が期待できますので、気になりだしたらまずはご相談ください。その際、「相談=治療開始」ではありませんので、ご安心いただければと思います。

ムーシールド

ムーシールドとは、幼少期の矯正治療に用いるマウスピース型の矯正装置です。おもに、反対咬合を早期に治療するケースに用いられ、就寝時に使用します。別名を「筋機能訓練装置」とも言い、下顎骨の成長を抑制しつつ口腔周囲筋群の不調和を整えて正常な筋機能に導くことで、徐々に正常な歯並びへと促します。

お子様の治療にあたって

お子様は自分で「歯医者に行って治療を受けたい」とは言い出しません。そのため、ご両親がきちんとお子様の歯の健康管理を行ってあげましょう。

ですが、お子様が「歯が痛い」と言ったからといって「歯医者さんに直行する」のでは、お子様にとってあまりよくありません。歯医者に行ったことないお子様であれば、怖がってしまうでしょう。その上、一度でも痛い・怖い思いをすると、そのイメージを引きずるものです。歯医者へ連れて行くにあたって、以下の点に気を付けましょう。

  • 歯医者さんは、歯の痛みを取り除いてくれるところ、と教えましょう
  • 歯を治療することは痛いことではなく、元気で生活するために必要なこと、と教えましょう
  • 「注射」というワードは出さないようにしましょう
  • 治療が終わったら「よくがんばったね。えらかったね」と褒めてあげましょう

小児歯科におけるグリーン歯科の取り組み

フッ素塗布

フッ素は歯質を強化する働きを持っているため、フッ素を塗布することで、虫歯の原因である酸に対して歯が強くなり、虫歯を防ぐことができます。そのため、お子様の虫歯予防として特に効果があります。

また、初期段階の虫歯であれば治癒させることも可能です。

シーラント

生えたての永久歯の奥歯には溝があり、この溝があることで虫歯になりやすくなります。それは、溝には歯ブラシが届きにくく、食べカスなどが溜まりやすいためです。

この溝を埋める方法がシーラントです。シーラントをすることで虫歯の発生を最小限に抑えることができます。フッ素塗布同様に、お子様の虫歯予防として効果的です。