予防歯科

定期検診を受けましょう

  • 「歯が痛くなってから歯医者に行く」
  • 「治療が終わったら、また痛くなるまで歯医者に行かなくていいだろう」

大半の方が歯医者に対してこのようにお考えなのではないでしょうか? ですが、歯の健康を維持し、日常の食事や会話を楽しむためには実は定期的なケアが必要なのです。

日本では大半の方が高齢になると多くの歯を失ってしまいます。事実、多くの高齢者が入れ歯などの義歯に頼っているという現実があります。これは、歯に対して定期的なメインテナンスを行ってこなかった結果なのです。

健康のために定期検診を

健康な歯を長持ちさせるには、まず「虫歯や歯周病にならない口内環境」にすること。そのためには、ブラッシングなどの日頃からのケアの他に、プロによるケアが必要です。お子様は3ヶ月に1回、成人は6ヶ月に1回くらいを目安に定期的に歯医者に通いましょう。

ブラッシング指導 ~当院で力を入れているケアです~

定期検診ではさまざまなプロケアが受けられますが、当院では特にブラッシング指導に力を入れています。

ブラッシング方法にはさまざまな種類があり、年齢や口内環境によって一人ひとり異なります。当院では患者様に最適なブラッシング方法を指導し、虫歯・歯周病のリスクから歯を守り、生涯自分の歯を健康に保っていただくサポートをしています。

予防の処置

スケーリング・ルートプレーニング

治療前

治療後

スケーリングとは、「スケーラー」と呼ばれる器具を使用して歯肉や歯周ポケットから歯垢や歯石を除去し、歯周病の発生を防ぐ予防処置です。そして、スケーリング後に行うルートプレーニングとは、スケーリングによって凸凹している歯の表面を滑らかにし、歯垢や歯石が付着しにくくする処置です。